2015年11月03日

再訪…そして帰国

今回の植林旅行も帰国の日となりました。
カメラで撮った写真と動画を見て思い起こすのは、
これを最後にするにはいくらなんでももったいない、
何かの機会にまた行きたいと感じる自分がいる。

その中国での最後の朝食はこちら。

K50_3256_15.jpg

寝不足二日酔い風邪気味なんのその、美味しいものは胃袋に入れ込みます。

そしてほどなくホテルを出発、空港に到着しチェックイン。

K50_3262_15.jpg

大連空港は日本で言うとちょっと大き目の地方空港って感じですが、
ご覧のように新しくてとても綺麗です。
でも広島空港のほうがオレにはマッチするなあ(笑)。

飛行機を撮ろうとしたら大連の街並みもファインダーに入ってきました。

K50_3266_15.jpg

こんなふうに高層建築が立ち並ぶのが現代の中国なんですよね。

〜 〜 〜

時間をつぶすことおよそ3時間、フライトチケットを見るとF席、
いうことは通路側かぁ残念〜と思いきやまさかの4人掛けの内側(汗)。

DSC00324_15.jpg

窓の外も撮れないし機内食もぱっとしないし...。

フライト3時間弱で成田に到着、あ〜あ帰ってきちゃったんだなあ。

DSC00327_15.jpg

おかしいな、テレビカメラの出迎えもないなんて(笑)。

〜 〜 〜

だらだらと続けていた「再訪」シリーズですが、次回からは通常に戻ります。
この「再訪」シリーズは10月3日が第一話ですのでお忘れなく^^v

さあ今度は反省会だ!


(K-50+DA18-135)
ラベル:中国
posted by たぁぼう2世 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

再訪…大連・後編

旧日本人街の次はバスで10分の大連ヤマトホテルの見学です。
ヤマトホテルは旧満州鉄道事業の一環として中国各地に建設されました

K50_3199_15.jpg

今は大連賓館(大连宾馆)として営業しているそうですが、当日は改装中でした。

ホテル玄関前から見た大連の街。

K50_3200_15.jpg

新旧の建物が混在する街、大連。この雰囲気オレは結構好きだなあ。

ホテル内部のミーティングルーム。

K50_3213_15.jpg

歴史に名を刻んだ要人たちがここで会議を開いたそうです。
う〜ん、日本の雰囲気が満ち満ちている感じがする。

そのほかにも色々案内されましたが、レンズを向けるのを
忘れてしまうような重厚で歴史を感じるエピソードばかり。
なのでホテル内の喫茶店?でちょっと一服。

K50_3220_15.jpg

ここでも月餅が登場、ガイドさんとも楽しくお話し。

一息ついたらカメラの出番。店内はこんな感じ。

K50_3222_15.jpg

いやいやいい雰囲気ですよほんと。

で、オモテにレンズを向け街並みのショットを。

K50_3225_15.jpg

忘れちゃったけれど、あれも日本の痕跡。

さて、いい時間となったのでホテルに戻ります。
お店の名前はというと・・・。

K50_3227_15.jpg

「大和」!
お酒も提供されるそうなので、こんなお店で
時間を過ごすのもいいものかもしれないねえ。

ホテルに戻り一息ついたら早くも夕飯の時間です。
渋滞のなか、バスに乗ってレストランへ向かいます。
そしてココでもやはり白酒^^;

K50_3243_15.jpg

中国最後の晩餐に舌鼓を打ちつつ今夜の行動を打ち合わせ。

そしてなんと!

K50_3253_15.jpg

最後の夜もたいして疲れてもいないのにマッサージ(爆)。

そのあとガイドさんの部屋でいろいろ話して相当酔っ払って、
一部のメンバーはさらに飲みに出掛けてオレは途中でダウン。

ああ、いろいろ楽しかった1週間だったねえ。
(次回ついにラスト)


(K-50+DA18-135)
ラベル:中国
posted by たぁぼう2世 at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

再訪…大連・中編

バスの中で軽く昼寝して1時間後、街中に戻ってきました。
ここは星海広場(星海广场)、大連市制100周年を記念し造られました。

海の街大連、日本海につながる海が広がっています。

K50_3164_15.jpg

いやそれにしても広い、ココはアジア最大の広さだそうです。
レンズ18mm、35ミリ換算27mmでは入りきらない(汗)!
海を背にするとこんな光景、近代的な高層ビル群。

K50_3169_15.jpg

ほんと大都会でしょ(^-^/
それでその向かい側は超超超高級マンション群(汗)。

K50_3170_15.jpg

手前には遊園地もあるし、いやはやすごいところだなあ...。
さて記念撮影ポイントには女性騎馬警官の像があります。

K50_3182_15.jpg

登るなと書いてあるので印象深いショットを狙ってみました。

〜〜〜

さてお次は旧日本人街です。

K50_3189_15.jpg

いまはほとんど誰も住んでいない高級住宅地だそうです。

K50_3191_15.jpg

大連は日本が支配し切り開いた街、当時の建造物が多く残っています。
歴史的に興味深いわけですが、中国にとって貴重とは言えないようです。

K50_3193_15.jpg

100年前の大連って今と全然違ってたんだろうなあ。

さてさて観光はもうちょっと続きます


(K-50+DA18-135)
ラベル:中国
posted by たぁぼう2世 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

再訪…大連・前編

さて大連(大连)に移動する頃、どうやら風邪をひいてしまっていました。
一年に一度ひくかひかないかの健康体のハズなのに、よりによって(汗)。
ホテルに到着、夕飯までに時間があるのでちょっと散歩に出掛けます。
クルマ行き交う街角で薬屋を見つけ、さっそく風邪薬を調達します。
「嗓子疼,鼻水多。可能感冒了。(喉が痛くて鼻水も。たぶん風邪です。)」
中国語を勉強していてよかったと体感できる場面、でもさほど余裕なし^^;

さて晩御飯は海の街なので久々の海鮮、天天漁港という豪華なレストラン。

K50_3103_15.jpg

いやいやとっても美味しかったですよ♪

さて風邪薬でマッサージにも行かず一気に眠って起きて観光へ。
バスに乗って1時間半、素晴らしく近代的な高層ビルやらマンション
などが立ち並ぶ街を抜け、着いた先はココ↓203高地。

K50_3116_15.jpg

ガイドさんの話では日本人は大好きな場所だと言ってたのが印象的。

そこには忠魂碑があります。書いてあるのは…
203を中国語読みする → er ling san
それを似た音を当てる → er ling shan
中国語をを当ててみる → 爾靈山(尔灵山)
日本語で読んでみる → にれいさん!?

K50_3119_15.jpg

日本人にも中国人にもわかる、乃木大将すっげー!!
ということをガイドさんそっちのけでみんなに話してました(爆)。

快晴の青空、その広場から見下ろす先には旅順港。

K50_3121_15.jpg

110年前の日露戦争かぁ・・・...。

お腹を空かせるためひと通り歩き回って、バスに乗り次は水師営の会見所。

K50_3136_15.jpg

外国で見る日本の歴史ってなんだかとても印象深い。

中に入ってみると有名な写真が。

K50_3141_15.jpg

話によるとどうやらみんなそうとう呑んだらしい。

お昼を食べてオモテで一服。

K50_3154_15.jpg

あらためて周りを見渡すと21世紀の現代中国の一角である現実。

さあ、午後は大連の街に戻るのだ。


(K-50+DA18-135)
ラベル:中国
posted by たぁぼう2世 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

再訪…瀋陽から大連へ

現地のスタッフと最後のお別れの後、バスに乗り込み瀋陽(沈阳)へ向かいます。
来た道を戻ることおよそ3時間、少し早目のお昼はデパートのレストラン。
現地の料理にチャレンジすることになりました。

DSC00287_15.jpg

オレに回ってきたのはトマトと牛肉?の煮物、予想通り非常に濃い味付けでした(汗)。

次は新幹線で大連(大连)に向かうわけですが、時間もあるしスタバでコーヒーでも♪

DSC00290_15.jpg

ちょうど全員への月餅(月饼)がサービス、ちょっとラッキー^o^v

駅に到着です。瀋陽は人口800万人の大都市、高層ビルが立ち並んでいますね。

DSC00295_15.jpg

ここを単に中継地だけにするのは少し残念な気もします。

さて、乗る電車はというと・・・。

DSC00298_15.jpg

下から4番目、G8056は5番ホーム。

定刻どおりの発車、席でビールを開けつつ気になるのは速度。

DSC00306_15.jpg

その日は307キロまで出ました。
日本の新幹線に比べ窮屈な感じでしたね。

2時間ちょいで大連に到着、海が近いこともあり空気ががらっと変わったことが分かります。

DSC00307_15.jpg

大連は600万人の大都市、初めてなのでワクワク感いっぱいです。
さあ、残りは2泊だ。(つづく)


(DSC-WX220)
ラベル:中国
posted by たぁぼう2世 at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | コンデジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

再訪…植林日

4日目、9月23日は雨の朝でした。振り返ると3年前も雨の日があったし、
ここら周辺は乾燥地帯ではないという事がわかります。

朝食を済ませ、午前は現地NPO日本人の方による座学を2時間ほど行いました。
前回の記憶もあり、内容はわかっちゃいたんですがオレは空気を読んで大人の対応。
みんなメモを取ったり質問したり、社会人として恥ずかしくない言動です。

そのうち雨も上がり、お昼はまさかの現地スタッフ宅。

K50_2784_15.jpg

総勢15人でビールで乾杯後、目の前の料理に箸をのばします。
わずか1名の日本人スタッフでは通訳が回らないので、オレを含む二人もフル回転。
盛り上がってきたところで60度ほどの白酒(バイジゥ)モードに突入。
モンゴル族の迫力ある歌に怪しげな中国語の歌、大宴会です♪
感情も高ぶって涙を流す人、抱き合うメンバー、以心伝心。

ちなみに、

K50_2857_15.jpg

かわいいワンちゃんも大興奮\(^o^)/

〜 〜 〜
空けた白酒(バイジゥ)は5〜6本、何人か泥酔状態になっての肉体労働。
直径50センチ深さ70センチほどの穴を掘って松の木を植えてゆきます。
目の前の砂をざくざく、植えて根元を埋めて足で固めてを繰り返します。
気合の入ったモンゴル族の歌も聞こえ、全部植え終わったあとはバケツリレー。
列を作り、今植えた苗木に水を供給、まっすぐ立てない人は砂まみれ(笑)。
現地スタッフに預けてたカメラにはオレ達の雄姿?ばかりが写ってました。
〜 〜 〜

植林活動はこれで終了、夕飯は現地スタッフとのお別れ会です。

K50_2973_15.jpg

昼に引き続きまたもや大宴会、ビール白酒(バイジゥ)、歌。
スタッフの挨拶が始まります。オレ達もそれぞれ挨拶を返します。
我们希望沙漠回来草原!(オレ達は砂漠を草原に戻したい!)

大騒ぎしながらスタッフを見送り、3日連続の足マッサージに行って就寝。

〜 翌朝 〜

ホテルでは朝から結婚式が行われるようです。

K50_3076_15.jpg

三日前に出した洗濯物を徒歩5分ほどの店に取りに行っての帰り道、
前触れもなく爆竹が鳴り響きます。ホテルの前は真っ白状態(汗)。

K50_3079_15.jpg

さあ、甘旗卡を離れる日が来てしまいました。

・・・つづく

(K-50+DA18-135)
posted by たぁぼう2世 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

再訪…剪定A

午後はまず3年前にオレ達が植えた松がどうなっているのか見学させてもらいました。
車から降りて歩き始めたときに、「なんか見た覚えがある場所」を感じました。
まったく忘れてると思ってても、記憶の引き出しには残っているものですねえ。

さてその場所に到着、おおお〜っ!

K50_2745_15.jpg

水をやるために何度も駆け上がり駆け下りた印象深い丘の付近に
等間隔で並ぶ60センチほどのちいさな松の木。
植林した時は枝も上の2段しかなかったのに、
3段目4段目が伸びてきていました。

さあ、周りを見渡してみましょう。

K50_2748_15.jpg

こんな風に松が残っています。これら全てをオレ達が植林したわけじゃないけれど、
いろんな人たちの結果がこんな風に見渡せるのはほんとにうれしいものです。

その後、別の松林で剪定。なんと写真ゼロ(汗)。

夕方作業が終わって帰る頃、またもや牛さん。

K50_2772_15.jpg

もしも朝見たのと同じ群れの一部だとしたら、
きっとストーカーに違いない(笑)。

ホテルに帰って夕飯時には雨が降ってきました。

K50_2777_15.jpg

翌日の空模様も気になりましたが、飲んで食べて気持ちよくなって、
前の晩に行った「非常足道」へ向かうのでした(爆)。

つづく・・・


(K-50+DA18-135)
posted by たぁぼう2世 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

再訪…剪定@

三日目になりました。
今日は数年前に植林された木の剪定です。

現場へ向かう途中のひとコマ。

K50_2701_15.jpg

ご覧の通り牛の放牧です。
昨日の場所とは結構離れてる場所だから
違う集団だと思うんだけどなあ...。

クルマを降りて歩くことおよそ20分、足元はやわらかい砂地です。

K50_2710_15.jpg

けれどよく見ると、ところどころこんな風に花も咲いています。

さて作業開始、現地スタッフから説明を受けます。
木の丈の下から三分の一までの枝を幹の近くから切ってゆきます。
これは木の成長を促進するためで、比較的少ない栄養分を
根元近くで消費させず、相対的に高く伸ばすためだそうです。

K50_2713_15.jpg

午前中はポプラ、慣れない剪定ばさみを使いワイワイと進めました。

さてそろそろお昼の時間です。来た道を戻るわけですが、
こんな風に以前植林されたポプラの林を通って車に向かいます。

K50_2728_15.jpg

なんだかちょっといい雰囲気じゃない(^ ^v

今日は結構からだを動かしたので美味しくお昼のビールをいただけました(笑)。

つづく


(K-50+DA18-135)
posted by たぁぼう2世 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

再訪…砂漠へ

昼食後バスに乗り3年前初めて訪れた砂漠へ向かいます。
道路もきれいに整備され、片側2車線の快適なドライブでおよそ30分。

防風・防砂林に着きました。

K50_2653_15.jpg

ここからは徒歩で行くことおよそ10分。

前回の記憶(記録)に比べ緑が多く感じます。緑化活動の成果なのかなー。

K50_2658_15.jpg

おかげで放牧中の牛さんも見つけたし。

道中初めてのメンバーへの説明を聞きながら小高い砂丘の上に立つと・・・。

K50_2666_15.jpg

その先は3年前となんにも変わってない様に見える砂漠が拡がっていました。

みんな思い思いに目の前の光景をカメラにスマホに収めます。

K50_2670_15.jpg

振り返ると防風・防砂林が見えるのに、目の前は砂ばっかりの土地。
細かい粒のさらさらの砂、カメラとかには大敵だと思われるけれど
これが黄砂となって日本に飛来する、数十年前はこんなじゃなかった話を聞くと
自己満足だとしても出来ることをやっておきたいという気持ちになります。

みんなそれぞれ感じることを訊き自分なりの理解度を深めつつ早くも夕飯です。

K50_2689_15.jpg

夜なので白酒(バイジゥ)を酌み交わし砂漠や目の前の食べ物、お酒の話で盛り上がります。
そのうちいい気分になった勢いで足マッサージへ特攻、みんな「あぁ〜」とか「おぉ〜」とか(笑)。

さてさて夜も更けてきたので続きはまた次回


(K-50+DA18-135)
posted by たぁぼう2世 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

再訪…瀋陽から甘旗卡

さてそろそろネタバレしておきましょう。
到着地は瀋陽(沈阳)ですが、ここはまだ中継地点。

K50_2603_15.jpg

とはいえホテルのすぐそばにあった瀋陽北駅の記念ショット。

朝食後バスに乗って3時間、見えてきました懐かしい地名。

K50_2640_15.jpg

「甘旗卡(ガンチカ)1.5km」
周りの光景は3年前に比べ車が増え町が大きく賑やかになった印象。

月曜昼の渋滞を超えてホテルにチェックイン、部屋からの眺めはこんな感じ。

K50_2649_15.jpg

3年前に行った足マッサージ屋さんまだあるね♪

時計は12時、ホテルでお昼をとります。

K50_2650_15.jpg

まあ旅行気分だし昼間っから雪花ビールで乾杯です(^o^/
こちらでは日本ほどビールは好まれず、ご覧の通り泡もたたないのですが、
現地料理との相性は抜群、1本2本(3本)程度はすぐに空になってしまいます。

それでお昼の料理はこんな感じ。

K50_2651_15.jpg

日本人向けだけれどさすがに濃い目の味付け、ビールがすすむのがわかる気がするでしょ。

さて、続きは次回。昼間の気温は25℃でTシャツで行ける陽気でした。


(K-50+DA18-135)
posted by たぁぼう2世 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

再訪…まず移動

今年から出来たシルバーウイークは旅行に行ってました。
9月20日の日曜日、昼過ぎにウチを出て向かった先は成田空港。
3年振りのターミナル1はなんだかおとなしい感じでしたね。

飛行機は夕方のフライト、搭乗前に飛行機に向かってシャッター切ります。

K50_2565_15.jpg

未確認飛行物体が三つ写ってますが、そこを突っ込んだらいけません。
「あなた疲れてるのよ...。」のひと言で終わりにさせられます(笑)。

〜 〜 〜

およそ3時間のフライト後に入国審査を済ませバスに乗ります。

K50_2571_15.jpg

なんだか分かった気もするでしょうがとりあえずネタバレは次に持ち越します(汗)。

ほどなくホテルに到着します。

K50_2577_15.jpg

おおでっかいいいホテルだー

きょうはもう遅いのでとっとと寝ることにします。

K50_2579_15.jpg

シャワーを浴び歯を磨いておやすみなさい...(-_-)zzz

〜 〜 〜

この「再訪」シリーズは何回かに分けてupしてゆきますのでひとつよろしく♪
うすうす感付いててもそこはまぁそれで(^o^)、ではまた次回


(K-50+DA18-135)
posted by たぁぼう2世 at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | DA18-135 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。